リフォームをする際の家族会議

実家のリフォームで家族会議中です

実家のリフォームで家族会議中です。
太陽光発電設備を入れると共に、家をオール電化にするかどうかについてです。

補助金も今なら自治体から出るし、比較的いい値段で売電もできます。原子力発電所が数年後に再稼働したら、太陽光発電の需要が減るだろうと思うので、ブームになっている今のうちに入れた方がいいという議論です。
もし災害で停電になっても、自家発電した部分で補えるというメリットもあり、エコにも貢献出来ます。
問題は、金額的なことで、ちょっとお値段が張るということです。
家をオール電化にして、ガスの契約を打ち切って光熱費を圧縮するというのが、太陽光発電設備を入れる最大のメリットですが、やはり慣れ親しんだガス器具がなくなるのが嫌だという意見があり、なかなかまとまらないところです。

今のところ優勢なのはオール電化派ですが、併せて妹夫婦とその子供が同居して、三世帯家族が住むようなリフォームの話も出ていて、そうなると大工事になってしまうということで、ますます話が拡散しています。