リフォームをする際の家族会議

以前、リフォームをする際の家族会議に参加したことがありますが

以前、リフォームをする際の家族会議に参加したことがありますが、中々意見がまとまらずに困りました。

母は、台所とお風呂を使い勝手がいいように、リフォームしたいと言いました。
父は、階段や玄関の上がり口のリフォームが先だと引きません。そして、その他の家族は両親の意見を尊重しようと言う事でしたが、母と父の意見が違いすぎ、予算に限りがあるので、お互いの一番リフォームしたい箇所を1カ所として、2カ所のリフォームはどうかと提案しました。
予算に限りがなければ、母や父の言う場所を全てリフォームしてあげたかったのですが、決まった金額で全てをリフォームは厳しいのが現実なので、家族で話し合い、やっとリフォームの場所が決まりました。

母は、台所の高さを変えて欲しいと。シンクやガス台の高さが高いので、背の低い母には使いづらいようでした。
洗い物をする時など、いつも踏み台の上で水仕事をしていましたので、足元が不安定でどうにかしてあげたいと、ずっと思っていました。
高齢ですし、転んで怪我でもしたら大変です。

父は、玄関の上がり口のリフォーム。最近膝が痛くて、上がり口が高いので、靴を履いたり脱いだりが大変だと言っていましたので、上がり口を低くすることにしました。

残りのリフォーム箇所は、お金を貯めて後からと言う事で、両親は納得してくれました。