リフォームをする際の家族会議

私は持ち家の世帯主で一家の主ですが

私は持ち家の世帯主で一家の主ですが、3年ほど前にリフォームを実施しました。
結果、大正解で、満場一致でやって良かったという結論になりましたが、リフォームを決意するまでに、家族と何度も話し合いの場を持ち、いわゆる家族会議を何度も開催しました。

家族会議の議題に上がったのは、リフォームするのか、それとも立て直すのか。何しろ昭和初期に建てた古いおうちですので、私は一家の主として、リフォームよりも建て替えることを提案したのですが、妻や子供たちはそれが面白くなかったようです。

一番議論の的となったのは、やはり経済面です。
建て替えるには、当然それなりの資金が必要ですが、それほど裕福でない我が家では、かなり思い切った決断でした。
なので、リフォームというのが大勢の意見でしたでも、やはりセキュリティやこれからのことを考えると、新築にしたい私。結局、私が折れた形になったのですが、今のリフォームの技術を思い知ることになりました。
はっきり言って、まるで新築と思えてしまうほどの出来栄えです。

そして、安全性やセキュリティまで飛躍的にアップしました。
なのに、お値段は新築のそれとは雲泥の差で、かなり安く仕上がりました。
建て直しを検討している方には、迷わずリフォームをお勧めしたいです。