リフォームをする際の家族会議

自宅をリフォームしようと思うきっかけは色々あると思います

自宅をリフォームしようと思うきっかけは色々あると思います。
築20年から30年が経過し、家自体が劣化してきたので、補修の必要がある、住んでいる人が高齢化してきたので、高齢者が住みやすい住まいにしたい、といったことがリフォームのきっかけとしては多いのではないかと思いますが、2世帯住宅として子供世帯と住むので、それに合った形にリフォームしたいという場合もあるのではないでしょうか。
そういった場合、親世帯と子世帯が同居することになるので、リフォーム前に十分な話し合い、家族会議が重要となります。新しく建てるのではなくリフォームとなると、玄関を完全に分けるとか、お風呂場やキッチンをもう一つ設置するというのが、難しい面もあるかもしれませんが、二世帯同居を成功させるには、同じ屋根の下でもある程度の距離を保てることが重要です。

遠慮してあまり意見を言えないということがないように、家族会議を開いてよく話し合って、全員が納得いく住まいに出来るように、リフォーム案を考えたいものです。