リフォームをする際の家族会議

リフォームは

リフォームは、理想の住まいという夢を叶える手段ですが、そこに至るまでの家族会議はなかなか大変です。

我が家も、屋根と外壁、内壁の塗替えを行ったのですが、着工までが長かったです。
屋根は、想定していた以上に腐食があり、しかもそもそもの施工に不具合があったことが分かり、ハウスメーカとのやり取りに時間も労力もかかりました。
家族とは、その都度話し合い、金額や日程などを確認しあいました。

また、内壁の塗替えの際には、室内の荷物を移動させなければならず、大掃除どころか、引っ越し並の手間と時間がかかることがわかり、家族で分担しあうことに。
一時的に転居してのリフォームなら問題ないのかもしれませんが、我が家は住み続けた状態でのリフォームだったので、日常生活で必要な物を確保しながら、片付けられるものは片付け、といった状態。とても家族で取り組まないと不可能でした。

ですので、リフォームの家族会議というと、理想の住まいについて話し合いがちですが、分担や責任を話し合い、情報を共有するのもとても大事ではないかと思います。