リフォームをする際の家族会議

家を建てるということは、家族にとって大きな出来事に違いありません

家を建てるということは、家族にとって大きな出来事に違いありません。そして、同じようにリフォームに関しても、家族にとっては大きな出来事には間違いありません。
一般的に言えるのは、家を新築するタイミングよりは、リフォームというものはその後のタイミングということが多いように思います。そうなると、新築当時は小さかった子供、または新築当時にはいなかった子供たちもいたり、その子供たちが大きくなっていたりと、新築当時は夫婦で相談して決めていたこと、または夫婦で相談して両親に相談したようなことが、今度は夫婦に加えて子供たちも、色々な要望を言ってくることが多いように思います。
そもそもリフォームするということは、現在の住まいの不具合な箇所を改善したり、または不足しているものを追加することが多いように思いますが、当然子供達にとっての不具合や不足についても、要望してくることが考えられます。今まで共同で使っていた子供部屋を、それぞれに欲しいということなどは、その典型かもしれません。
いずれにしても、楽しみながら進めたいものです。