リフォームをする際の家族会議

古くなった家をリフォームする時に

古くなった家をリフォームする時に、同居する家族構成によって要望が違います。
間取りを変更するには、構造的な部分で制約がありますから、妥協が必要な事も出てきます。バリアフリーやユニバーサルデザインを取り入れることは、目に見える部分よりも利便性が高いものです。

耐久年数を考えた場合、設備機器の更新に関する要望が多く出ます。機能性を優先するか、デザインを優先するか、価格を優先するかなど、家族の中でも優先順位が異なるものです。
水周りの商品には、新築当時には無かった商品も出ていますし、高機能・多機能化しています。若い人は高機能・多機能な使用品に魅力を感じますし、高齢になると機能よりも使いやすさに魅力を感じるものです。
高齢になると、身体機能の低下は避けられないですし、介護が必要になった時に家族に負担を減らす事も考慮したいものです。

長期的に住み続けるという視点でリフォームを考える時に、年齢によって住まい方が変化する事も話し合いたいものです。